国内プチ旅

2012年7月20日 (金)

マドンナバスとB787 ≫ 松山プチ旅(6)

0716a

萬翠荘にこんなバスが停車していました。

「マドンナバス」と言う伊予鉄道が運行している城下周遊の無料バスです。
ちょっと汗ばんできたので、タイミングよく発車するところのこのバスに乗っちゃいました。

デパートも商店街のお店も10時にならないとオープンしないので、スタバで一服。
チラリとご当地タンブラーが頭をよぎりましたが、なかったですわcoldsweats01

0716b

大街道と言う松山最大の繁華街。全長472mのアーケードだそうです。
まだほとんどのお店は閉まっているので静かです。

このアーケードをブラブラと歩いて、戻ってきた頃にやっと三越が開店しました。
開店とほぼ同時に入店してお土産を買い、歩いてホテルへ戻りチェックアウト。

そして、ホテル前の停留所からバスに乗って空港へ・・ではなく、
路面電車に乗って松山市駅へ向かいました。
ここの駅前始発の空港行きのバスがあるのです。

高島屋で村要のさしみしょうゆや日本酒(小富士)を買ったり
駅前で思いがけずに美味しいランチにありついたり(笑)
実はランチ難民になりかかったのですが(笑)無事に美味しいご飯にありつけましたcoldsweats01

夜は居酒屋でランチもやっているという「とりや久兵衛」というたまたま入ったお店がヒットgood
名前の通り焼き鳥をはじめとするとり料理が得意のようで
ランチに親子丼を食べたのですが、付け合せの小鉢も丁寧に作ってあって美味しかったです~

そして、重い荷物を抱えてcoldsweats01松山空港へ。

実は楽しみにしていたことがありました。

0720a

これです!B787!happy02
羽田松山線にも就航しているんですよ~B787がっ!

0720b

0720c

0720d

0720e

はぁ~うっとりlovely

0720f

パーソナルモニタとリモコン。

0720g

ドリンクホルダーが便利。
窓は従来よりもちょっと大きくて電子式シェード採用。
画像はちょっと暗くした状態。 丸いボタンで調節できます。

また乗りたいB787でしたheart04
はい、実は飛行機好きです。でも中途半端なのでレポもお粗末ですがcoldsweats01
トイレもチェックしなかったしなぁ(笑)

とりあえず、これで初松山のレポはおしまいにします。(後がつかえているもので)

| | コメント (8)

2012年7月15日 (日)

萬翠荘へ行く ≫ 松山プチ旅(5)

贅沢な話ですが・・

久しぶりにユニットバスのホテルを利用しましたcoldsweats01
シャワーカーテンも久々でした。きゃー、殴らないで(笑)
(しやしかし、このお値段だったら台北で結構いいホテルに泊まれちゃうんだけど)

0715a

ホテルの朝食。
予約した宿泊パッケージには朝食がついていたので、1Fのレストランでいただきました。

ご飯は美味しかったですよ~good
和洋いろいろとおかずも充実していて。
パンを取ったのですが、途中で美味しそうな和のおかずが気になって
ひじき煮やらじゃこ天やら卵焼きにお味噌汁・・と一気に和定食か?(笑)

食後は朝の散歩に。
チェックアウトは12時だったので、部屋もそのまま、身軽に出かけられたのはよかったです。

雨も時々パラパラと降るくらいだったので、元気に歩いて「坂の上の雲ミュージアム」へ。

途中、 重厚な建造物が・・

0715b

と思ったら、県庁でした。
新しい高層のビルじゃなくて歴史を感じる建物ですね。

全日空ホテルを見つけました。
マイルもたまるかなと、最初はここに泊まろうと思っていたのですが・・予算オーバーで却下しました。
ビジネスホテルではなくちょっと高級なホテルの雰囲気でしたよ。
ブランドショップが入っているし、お隣は三越だしcoldsweats01

さて、「坂の上の雲ミュージアム」へ行こう、なんて言っていたものの
そこをスルーしてcoldsweats01何やら素敵な建物目指して行くことにしちゃいました。

0715c

をを、何だか格好いいheart04

大正時代に建てられた洋館、「萬翠荘」です。

0715d

0715e

0715f

大正のロマンを感じられる空間で、プチタイムスリップした気分になりました。

| | コメント (4)

2012年7月12日 (木)

響庵 ≫ 松山プチ旅(4)

さーて夕食。何食べましょかね~

ホテル1Fのレストランでは「Hawaiian ビアテラス」なる食べ放題飲み放題の企画モノが開催されていて
若干気になったものの(笑)横目でスルー。
「満席」となっていたけれど、団体の利用があったのかな?
雨降りで外に出るのが面倒になった人が利用してたりするのかな?

私たちは地元の素材を使った料理と地酒を提供してくれる居酒屋を目指します。

事前に何軒か気になるところをピックアップしていたのだけれど
雨も降っているし、土地勘もないのでどれくらい遠いのかはたまた近いのか見当つかず。
結局、チェックしてあった4軒ほどの中から一番近い(をい)1軒を目指して行くことに。

ちょっとウロウロしてしまいましたが、ホテルから10分も歩けば行かれる範囲だったようです。
いやしかし、iPhone便利。MAP大活躍ですよ~good

そして、たどり着いたのは「響庵」。

まずは生ビールで乾杯beer

0711a

ピリ辛ごぼうのから揚げshine

0711b

じゃこ天shine

0711c

旬野菜のお造りshine

どれもハズレなしの美味しさ!
画像はないけれど、真鯛の松皮造りも根菜入り自家製つくねも美味しかったですgood

で、真鯛のお刺身を食べたときにつけたお醤油がやけに美味しくて、お店の人に聞いてみました。
そうしたら、「村要」という地元の醤油であるとの答え。

ほほー、土地のものなのね・・

0711d

ってことで、 買ってきちゃいました。村要のさしみしょうゆとひしお。

え?これだけで終わるはずはないだろう?
はい、お察しの通り、瓶ものは他にも買って帰りましたよwink

辛口の日本酒好きの私にストライクな地酒がありましたhappy02
お店では、「石鎚」と「小富士」の2種類の日本酒を冷やでいただきましたが、
「石鎚」の極み辛口も美味しかったけれど、キンと冷えた「小富士」の超辛口がきた~!って感じhappy02

もちろん、村要のさしみしょうゆとともに買ってきましたよgood
一六タルトも坊ちゃんだんごもいいけど、地酒ってのは何よりですなぁ・・って、呑兵衛なだけ(笑)

| | コメント (4)

2012年7月 4日 (水)

松山城 ≫ 松山プチ旅(3)

砥部町から松山市内へ戻り、雨も降っているし時間も十分あるので松山城へ。

松山城から少し離れたパーキングに車を停め(徒歩5分くらいかな?)入り口方面へ。
小高い山の上にあるお城までは、ふもとからロープウェイもしくはリフトが利用できます。
歩いてもアプローチできるようですが、本降りになってきた雨の中、そんな気はさらさらありませーんcoldsweats01

ロープウェイのチケット売り場や乗降場には、矢絣の着物に袴のイデタチの観光ガイド嬢がいました。
チケット売り場のお嬢さん(か?)はちょっとお化粧のノリが悪そうで厚塗りだったなぁ(ごめんなさいsweat01

ロープウェイ往復と天守閣の入場料金がセットになっているチケットは大人1000円也。
雨の中、2分半ほどで東雲口から長者ヶ平に到着します。
その2分半ほどの間に、一緒に乗り込んだガイド嬢が松山城の説明をしてくれます。

戦国~江戸時代からの天守閣が現存する城はもう数少なくて、
そのわずかな現存する天守閣のある城の一つがこの松山城なのだそうです。

歴史は好きな方ですが、いわゆる歴女でも城ガールでもないので(笑)
興味のある方は松山城の詳細はサイト等を参考になさってくださいね~wink

0705a

雨の日も風の日も、健気にお出迎えの「よしあきくん」。

0704b_2

重要文化財の大天守。

0704c_3

天守から本丸広場、 晴れていれば遠く瀬戸内海までも見渡せるとのことですが、なにせお天気がweep
城内には甲冑をはじめいろいろな展示物もあり、写真はそれなりに撮ったのですが割愛(汗)。

ロープウェイに乗る時にはほとんど人がいなかったのに、
ここに来て結構な人数の人がわらわらと出てきたのにちょっとびっくり。
社員旅行風な男性グループや胸にシールを貼った団体旅行の一団と思われる人もいて
あいにくのお天気なのに旅程に組み込まれていて立ち寄ったのでしょう。

この後、せっかくだからと道後温泉へ向かったのですが、
どうも私は温泉地はそれほど好きではないと再確認coldsweats01
あの雰囲気が大好きな人はたくさんいると思うのですが、私はちょっと苦手で。
こんなわがままな私と一緒に温泉旅はできない夫がかわいそう~coldsweats01
でもまあ、道後温泉は朝入りに行ったようなのでよかったわ。

この後は、とっとと車を返してホテルにチェックインしました。

それにしてもこの旅。
1泊2日で次はないかもしれない小旅行なので、ガイドブックは購入せずネットでさらりと下調べ。
現地で入手した観光Mapにカーナビもあるし、iPhoneも活用できるし・・
と、昔を思えばずいぶんと様変わりした旅のスタイルになったものです。

| | コメント (2)

2012年7月 3日 (火)

砥部焼の里でランチ ≫ 松山プチ旅(2)

ホテルからまずはレンタカーオフィスへ。

日産レンタカーのリーフcarが12時間まで5250円で借りられるというキャンペーンを利用。
初EV車ですhappy02

ちなみに、日産レンタカーの松山オフィスは済美高校の向かい(と言っていいのかな?)にあります。
済美と言えばあの福井優也を擁して選抜優勝した高校ですよ。
野球好きとしては軽く興奮(笑)

さて、無事にリーフを借り出して、雨降る中を目指すは砥部町。

せっかくなので砥部焼の器(お皿かカップか何か)を買おうかなと思いつつも
食べることを優先させたら、買い物は割と適当と言うかヒネリも何もないものにcoldsweats01
普段使いのものをいくつか買って、画像は特にありません。

砥部に行った目的はどっちかと言うとランチかも(笑)

0704a

砥部焼観光センターを目指して車を走らせ(はい、もちろんカーナビ頼りです)
その隣と言うよりも敷地の一角に何気なくあるのが
今回ランチをいただいたJutaroと言うカフェレストランです。 (リンク切れの際はご容赦を)

0704b

地元愛媛の果物や野菜などを売っているお店の奥にレストランがあります。
店内はウッディでシンプルな空間。
晴れていたら明り取りの窓からも日が差し込んでもっと明るいんだろうなぁと思われます。

0704c_2

ジュタロウタンチをいただきました。

0704d

鶏のべっこうあんかけをチョイスしたのは私。
ご飯はひじきの混ぜご飯。ひじきは瀬戸内産生ひじき使用。
白米も選べます。お米は久万高原の契約農家の清流米とか。

0704e

お洒落なプレートでしょheart04
ちょっとずつでも手間をかけている感じがします。
もちろん使われている器は砥部焼ですよwink

0704f

夫のチョイスしたほたてベーコン揚げタルタルソース。
ホタテの貝柱をベーコンで巻いてフリットしたものをタルタルソースでいただきます。
こっちの方が美味しかったかな、ワタシ的には(笑)

ご飯はおかわりができると言うので、夫は早速白めしを二膳目にいただいていましたcoldsweats01

そうそう、お味噌汁がちょっと変わった味と言うか、馴染みのない味でした。
帰ってきてから調べてみたら、愛媛では麦味噌を使うらしいですね。甘口だから馴染みがなかったのかな?
それと、お椀にどんと乗っていたのが(笑)大きな油揚げ。
それを口にするとこれまたちょっと馴染みのない食感。
「松山揚げ」と言う特産品なんですね~常温保存できる油揚げなのだそうです。

ランチの中で一番インパクトのあったのはこのお味噌汁じゃなかったかしら、ワタシ的には。

0704g

デザートはプラス料金でマンゴーのタルトと

0704h_3

こちらもプラス料金でびわのタルト。
マンゴーもびわも愛媛産です。そして、どちらもとても美味でした~lovely

あいにくのお天気でしたが、車があったので良かったし、
ちょっと贅沢しちゃったけどランチも美味しかったし、満足満足~good

| | コメント (6)

坊ちゃんベア ≫ 松山プチ旅(1)

6月のとある週末。
出張で先に松山入りしていた夫と合流する形で、1泊で四国は松山へ行ってきました。

私は初四国上陸~happy02

がしかし・・
活発な前線の影響で、九州から四国中国地方は大雨の予報。
出かける前からテンションが下がり気味でdown

家を出るときには雨はまだ降っていなかったのですが、羽田に着くころにはもうすっかり雨rainでした。
これから雨雲に向かって行く私shock
飛行機airplaneも前線を通過するということで、まあそこそこ揺れました。
でも、6月から始まったコーヒーcafeのサービスはしっかりといただいちゃいましたけど。

松山空港に到着した時はまだ雨は降っていませんでしたが、
市内に向かうバスに乗っていると、いよいよ雨が降り出しましたよ。

雨が降る中、とりあえずホテルへ。
ホテルはバス停のすぐ前、ホテルJALシティ松山
え?JAL系列だなんて珍しい?
そうなんです、お値段とかロケーションとか検討していたらここになっちゃったんです~coldsweats01

0703

利用したプランでプレゼントされた「坊ちゃんベア」。
フロントで売っていました、1050円で。その分割り引いてくれてもよかったかも?(笑)

チェックインにはまだ時間があったので、荷物を預かってもらってちょっと観光へGO!
でも、雨rain~なのでテンションは低いです(笑)

| | コメント (2)

2012年6月29日 (金)

松山プチ旅

0628a

この新しい相棒を持って、久しぶりに国内線に乗ってきました。
出かけた先は四国の松山。四国初上陸です♪

たいしてネタ(笑)はありませんが、松山ぶらり旅を少しアップしようと思っています。

| | コメント (4)